トップページに
戻る
ジェムオパール
の紹介
オーストラリア
オパールの起源と種類
ブラックオパール
の採掘と生産
ブラックオパール
の遊色と評価方法

ジェムオパール(GemOpal) はブラックオパールの専門店です               ジェムオパール(GemOpal) はブラックオパールの専門店です              ジェムオパール(GemOpal) はブラックオパールの専門店です
オパールには鑑別書(鉱物の種類を記載)や、 鑑定書(ダイヤモンドの色、透明度、カット、重さを記載)はありません。
ブラックオパールの価値は、輝き、カラー、遊色効果、カット、パターン等の総合評価で決まります。 
ブラックオパールの価値の高いものは、輝きが強く、石全体に遊色が見られ、赤かオレンジ色をしたものです。
特に光が強反射する”メタリック”な輝きで、珍しいパターンで、大きい、カボションカットのオパールが高価値となります。 
最高品質のオパールはジェムグレードのオパールと呼ばれ、カラット当たり単価が100万円を超す物もあります。





ブラックオパールの評価方法


輝き  ブラックオパールの価値を決める要素として一番重要なのは輝きです。  最高品質の輝きは、 表面に曇りがなく透明である、光を強く反射する、色彩いが濃い、などの条件 を揃えたもので、”メタリック”な輝きと表現せれます。 メタリックな輝きを持った石と、 半透明で淡い色合いの石とでは、10倍以上の価値の違いがあります。 当店では、輝きを5段階に評価しています。

5=最高品質の、強いメタリックな輝き(ジェムグレード)
4=透明で強い色彩の輝き
3=やや透明で中色彩の輝き
2=半透明で中色彩の輝き
1=半透明で薄色彩の輝き
カラー  ブラックオパールは色によって価値が違ってきます。 希少性の高い赤とオレンジが最も価値が高く、 続いてイエロー、グリーン、そして、ブルー、紫の順番に価値が下がっていきます。  特に価値が高いのは、レッドインブラックと言って、 黒いポッチ(光を反射しない黒いオパールの層)の中に鮮明な赤いフラッシが入ったオパールが最上級とされます。
遊色効果  ブラックオパールの特色として、見る角度によって色が見えたり見えなかったり、色の出る場所が変わったり、 違った色に変化したりする効果を、遊色効果= ”フラッシュ”と言います。 遊色効果は広い範囲で見えるほうが良く、 石全体に広く遊色効果が現われるのを ”ブロードフラッシュ”と言います。 そして、オパールを動かすことにより、強い光の帯となって遊色が表現されるのを  ”ローリングフラシュ”と言い、とても価値が高くなります。
カット ブラックオパールの価値を決めるのは、カットの良し悪しだとも言われます。  オパールの理想的な形は、ドーム型楕円形のカボションとされ、 厚みがり、表面が綺麗にラウンド(曲面)カットされたものが上級品とされます。  また上級なカットとして、石の形を生かしたカービング(フリーシェイプとも言う)というカットがあります。 
パターン ブラックオパールは、大変に多くの遊色パターンがあるのが特徴です。  希少性の高いパターンや、広い範囲で見れるパターンや、大柄なパターンや、 鮮明なパターンは、大変に高い評価が与えられます。  フローラルや、ブロック(パレットとも言う)や、ピンファイアー等の小さめなパターンは良く見られる 一般的なパターンです。 以下は代表的なパターンです。
ハーレークイン 
ピエロが着ていた服の模様のように、正方形で、大き目で、色々な色の模様が規則正しく並ぶパターン。   大変貴重なパターンと考えられ、価格も大変に高くなる。
フラッグ  
ハーレクインよりやや崩れた、国旗の旗をイメージさせるような、大柄な模様で、 色々な色の模様が見られるパターンで、希少性が高い。
キャツアイ  
真直ぐの光の線が左右の移動して見える模様で、通常は地色が暗く白い線だが、 稀に何色にも変化するものがある。 ブラックオパールでは珍しく、日本では人気のパターン。
フローラル 
ホワイトやクリスタルベースのブラックオパールでは一般的なパターン。 野山の花畑のように、色々な色の小さな模様が立体的に交じり合って見えるパターン。
ブロック(=パレット) 
色々の色が小さなブロックに分かれて見られるパターン、絵の具のパレットみたいなのでパレットパターンとも言われる
ピンファイアー 
ブラックオパールでは一般的なパターンだが、地色が黒で、フラシュが強いと大変に綺麗に見える。 星のように点で光る、細かい光の粒(極小ファイアー)が見られるパターン。
シャフ  
深い地色にもみ殻のような、細長いの鮮やかなグリーンやブルーの線状のパターンが現われている、 大変めずらしパターンで高く評価される。
ストロー  
ストローの様な色々な色の細長いパターンが、麦わらを重ね、交差させているように出現している 珍しいパターン。
チャイニーズライティング  
毛筆で書いたような細長い棒のパターンが垂直に交差したパターン。 綺麗な模様としてはっきりと見えるパターンは希少性が高い。
リボン 
色の帯が区切られて、リボンのように石を横切っているパターン。 大柄ではっきりとしたリボンパターンはハーレークイーンと分類される場合もあり、 大変に貴重で高い値が付く。